同酒造によると、不正表示は大阪国税局の調査で発覚した。自主回収の対象は大吟醸、吟醸酒、純米酒など6種類。

安い酒に「大吟醸」ラベル…社長「味大差ない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000234-yom-soci

安い酒に「大吟醸」などの高級品のラベルを貼っていたほか、「高い酒に安い酒のラベルを貼ることもあった。品切れになった時、商品を確保するため場当たり的にやった」と同酒造は説明。1月以前に製造した商品の自主回収を始める。



在庫がない銘柄の注文があった際、瓶に別の銘柄のラベルを貼って出荷しており、5年前から繰り返していた。こうした不正表示は年間1000本に上っていたという。

  • また新酒を造る際には、味の調節のため同じ銘柄の古い酒を少し混ぜていたが、足りない時は別の銘柄を混ぜていたという。
  • 同酒造は江戸中期の1716年創業。
  • 年間20万本を生産し、自主回収対象の6種類はうち3割を占める。

ブログののコメントこれなどが見つけました。

成子和弘社長(52)は「味に大差はなく、問題ないと思った。認識が甘かった」と話している。



スマホいじっててなんというか、最近の流行ははやり廃りが速くてよくわからないよね。

青ヶ島村(東京都)の、お金のかからない営業セミナー◎

〃 足立区での完全無料の営業セミナーです。 

 営業系の講座は、本日は見つかりませんね。 情報あれば教えてくださいね。 ネットでもなかなか見つからないんですよね。 (^o^)

 いとう伸さんクラスの人の話だと、セミナーだったら、手当を払ってでもご教授願いたいですね。 勉強になるでしょう。 

▽ ウェブのセミナーや、図書館で営業本をなんてのも平成っぽいでしょ。